企業経営に必要な「人」「物」「金」「情報」。その中でも最も重要な要素が「金」。調子の良い時には節税なども考えますが、企業には想定外の事由が発生したり、自社のせいではない外的要素で、現金危機が発生する時があります。こんな時、とれる手段は限られます。株式会社EDGEでは、いかなるときでも現金がショートしない経営ができるようキャッシュフローマーケティングというメソッドを構築し、皆様にご提案しています。
株式会社EDGEでは、どんな時でも困難を突破する自力をつけるお手伝いをしています。やはり一番頼りになるのは、自社リソースをフルに使って生み出す「売上」です。ここに焦点を当てながら、資金ショートを起こさないよう、外部調達の手段もアドバスしています。大手金融機関で得たノウハウがあるからこそできる、EDGEメソッドです。そして、そのメソッドが企業に備わった時、ついに
一番欲しい
「余裕」
を手にすることが出来ます!
キャッシュフローマーケティングを知ってみたいと思われる方は、株式会社EDGEの主催するグループ塾「誰に聞けば良いの?そうだ社長に聞こう!」にご参加下さい!
キャッシュフローマーケティングメソッド
キャッシュフローマーケティングのロゴが意味するもの
お金と時間は両輪です。その両輪を奇麗に歯車が噛み合った時、歯車時計が15時を指し、15時のお茶ができる余裕ができるという意味です。余裕は次の一手を生む時間を与えてくれます。じっくり次の手を一緒に考ええましょう!

ソリューション塾開催予定!くわしくは